映画『あん』から「生きる」事の大切さを学ぶ

DVDレンタルで借りて来て、拝見しました。はじめは、どやらき屋の話として見ていたのですが、そこに訪れた一人の老人と彼女が抱えていた「病と生きる」ことに感銘を受け、涙を流したことを覚えています。
タイトル通り、どらやきの「あん」に関する事で、その製法について事細かく描かれているのですが、その一つ一つの作業に一つの意味が分かると、この作品の奥深さが分かります。「ハンセン病」少し前までは絶対隔離政策の下、人々の生活から隔離され、差別化されていた時代がありました。ここに登場する老人はその病を若いころに発症し背負った一人の人物です。
若いころに生きることに絶望し、それでも生きていけたのは支えた仲間たちと共に取り組んだ菓子作り。それと、この作品の主人公である男性店長の人生が重なる時、「生きる」ことと「あん」をつくることが一つの物語として描かれています。
この作品の原作を拝見した時も衝撃を受けましたが、樹木希林さんが老女を演じる姿は原作とはまた違った味のある演技で、一つ一つの動作に何か意味があるなぁって思いましたね。いやはや涙なしには語れません。多くを語るより、これを一人でも多くの方に見てもらいたいです。いぶきの実口コミ

映画『あん』から「生きる」事の大切さを学ぶ

チョコレート

チョコレートが大好きです。

食べ出したら止まりません!なので毎日食べたいところですが、さすがに毎日食べるのは良くない気がするので、毎日は食べてないです。

お気に入りのチョコレートはガルボです。コンビニでガルボミニを買って、家に常備しています。ガルボミニがないと不安になってしまうくらい好きです。しかもガルボミニの量がちょうどいい!一袋食べ終えて、まだ食べたいなあという気持ちは残りますが、一袋食べ終えたので諦めがつきます。

チョコレート、私には大切な食べ物です。そして、日々ガルボを越えるお気に入りが見つかるかもしれないという期待を込めて、新商品にもチャレンジしています。彼氏の前で堂々と水着になれるように

チョコレート

タケノコが最高に美味しすぎてやめられない

私がこの世の中で一番好きな食べ物はタケノコです。
実は、そのタケノコを毎日食べています。
私は子供の頃から、何故かタケノコが大好きでした。
自分でもその理由はよくわからないのですが、何と言うかその食感が最高によいとしか言いようがありません。
そもそもタケノコと言うのは、水煮になっていたり、真空パックだったり、缶詰だったり、あまり味に特徴はありません。
それでもタケノコのご飯に炊き込んでも美味しいあの雰囲気、天ぷらにしても美味しいあの雰囲気、筑前煮に入っていたら、ほじくってタケノコばかり食べたくなってしまうあの雰囲気、それがみんな大好きなのです。
繊維がしっかりしていて、味に癖が無いというのが魅力なのかもしれません。大阪でおすすめの全身脱毛はここをみればわかる

タケノコが最高に美味しすぎてやめられない

鮪が何よりも好き

私は鮪が何よりも好きなのです。
会社でのお昼ご飯では、お弁当を持っていているとき以外は基本的に外食で、大体お店で頼むものは鉄火丼やネギトロ丼になります。
お弁当に飽きた時があって、1か月ほど昼食を毎日外食にしたときは9割近くが鮪に関する丼を食べていて、
さすがに後から自分でもやりすぎだなと思ってしまいました。
鮪に関しては、毎日食べていてもなぜか飽きない性分のようです。
夕飯は夕飯で、鮪の刺身に長芋をすりおろしたものをかけたいわゆる鮪の山かけを頻繁に食べています。
これだけ食べていると、よくテレビの医療番組等で言われている水銀等も大量に摂取してしまっているかもしれないという
怖さもあるのですが、そんな怖さよりも私の鮪への愛が勝ってしまっているようです。
せっかく、日本に生まれたからにはこれからも死ぬまで鮪をひたすら食べて行きたいと思います!イビサクリーム

鮪が何よりも好き

最初のシーンから引き込まれる名作です

私はタイタニックが大好きです。テレビで放送されたのを見たのですが、見た次の日にDVDを買いに行き、それから毎日見るくらいハマりました。
まず、ジェームズキャメロン監督の調べに調べまくったタイタニックへのこだわり。外装、内装だけでなく、当時の搭乗者の性格まで映画では再現されています。そこに上手く主人公の恋愛を混ぜていて、とても自然に映画の中に入り込む事が出来ます。
前半と後半で空気感も全く違い、最後まで見る者を飽きさせない展開です。
見終わった後も、しっとりとした余韻が残り、とても完成度が高いと思います。
人生で一度は見ないと、後悔しそうなくらいの大作です。М字回復をするためのおすすめ情報

最初のシーンから引き込まれる名作です